小児歯科診療

これまで疑問もなく行われてきた母子分離法(患児と保護者を治療の際に同室させない事)を否定し、出来る限りお子さんと保護者の方は診療室に一緒に入って頂きます。
この事によってお子さんの歯科治療に伴う不安感を軽減し保護者の方にも理解の得られる治療が可能となります。
ただし、自立心の強いお子さん、著しく依存心の強いお子さんの場合はこの限りではありません。
また、将来的に歯並びに不安をお持ちの保護者の方にはお子さんにとって最適な時期に矯正治療のアドバイスが出来るように努めています。
適切な時期に部分的な矯正治療を行う事によって経済的にも、時間的にも大きなメリットが得られるでしょう。